Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ekoko.blog28.fc2.com/tb.php/232-687ace52

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

長々と空けまして(´・ω・`)

ものっそい更新遅くなりましたー。
まずは近況から。

SoundHorizon「少年は剣を...」が届きましたョ(*´ヮ`*)


まずジャケットの雰囲気が見ていた通りで1惚れ。
歌詞カードの仕様がすーごぃ凝ってて、もぅ細かい所まで徹底してあってすっごいイイ感じ♪で5惚れ。

聞き終わった時にはもう惚れ惚れ(*´σ`*)


当分これのエンドレスがかかりそうです。



あと、ROの新パッチが今月下旬にもう来るとか。
ありえない早さのアップデートに正直驚き(゚ω゚)
ガンスリンガーと忍者もやってみたかったけど、キャラスロの余裕がないのでやるにやれなさそうな予感。
消すとしたらノビかBSになっちゃう(つдと)




そうそう、先月の23日、土曜日の出来事。

は以下につらつら~っと書きますので興味ない、見たくない人はすっ飛ばしましょうねw




















何があったか、ってことを激しく簡潔に致しますと。



飼ってた鳥が行方不明になりました(´・ω・`)














「は?」って思う人が多そうだw

えとですね。



ご存じの方も居ると思いますが、うちでは鳥を飼っています。
昔はもっといましたが、現在ではオカメインコのあずきと、セキセイインコのこびちゃん。

この2羽が我が家にはおりましたの(・ω・)


その日までは。









その日は、私は朝から出かけておりました。
お母さんと、おばあちゃんとお墓参りに。

いつもと変わらず、お墓参りしてお昼ご飯食べて。
夕方ぐらいにお別れして帰路について。






家に着いたら、父からの一言。


「昼寝して起きたら、鳥どもがいない。」












…我が家では、手乗りにしてありますんでカゴを開けておくことが多いんです。いわゆる放し飼い。



で、父は仕事の都合上午前中に帰ってきてお昼寝をします。


















カゴ開けて窓も開けっ放しで寝たんだってさ!!






あずき達は家の中を遊びまわって窓から落ちたようでした。ちなみに家はアパートの3F。














もちろん速攻で家を出てアパートの周りを探しに。












探しても探しても見つかりません。










2~30分探しても見つからず、もう諦めるしかないのかと…


そう思い始めた頃。




うちの部屋の真下でお店をやってる人、いわゆるご近所さんが通りかかったので聞いてみたんです。

それこそ藁をもすがる思いで…。




「家の鳥見ませんでした?」  …と。















「あ、もしかしてあの鳥かな?」















お連れのお子さんがそう言いました。















お店に行ってみると、カゴに入れられたあずきがいたんです。


お店の前を通りかかった親切な人が、捕まえてお店に持ってきてくれたんだそうです…。


もう、見つけられてどれほど嬉しかったことか。
泣きそうになるのをこらえながら何回もありがとうございますってお礼を言って。


おかげで、あずきは見つかり、戻りました…。


じゃあ、もしかしたら、って思って。



「あの、もう1羽は見ました?」




と聞いてみました。


もちろん答えは私の期待とは裏腹の返事でした。








こびちゃんは……。


















預かっていてくれた店の出入り口に小さい羽が何枚も何枚も散らばっていたんです…。






お子さんの話によると、あずきを預かってから一緒に居る時に白い猫のような物体がお店に入ってきたのだそうです。
それを見てお子さんは「あずきを守らなきゃ!」と想ってくれたらしく、あずきを入れていたカゴ持って裏口へまわっちゃったとか。




その羽は、どう見てもこびちゃんの羽の色でした。






猫らしき物の乱入と、散乱した羽……










……たぶん、コビちゃんは。




















でも、実際に何かが起きたその現場を見ていないんです。















だから信じたくない。

誰かに拾われて、生きて幸せになっていると願いたい。

見ていない真実を確信するぐらいなら、たとえ低すぎる可能性でも希望のある事実を信じたい。







でも、見てしまった惨状が。





もうこの世にはいない可能性が高いという真実を告げていて。












痛かったかもしれない。


苦しかったかもしれない、怖かったかもしれない。


そう思うと。



「ごめんね」という気持ちと一緒に泣きそうになるほどに。


まだ引きずってしまってるんです。

謝るしかできない。でも許してももらえない。



もし自分自身を許せるのなら


こびちゃんを見つけられたらだと思う。


誰かに拾われてでも、極端な事を言えば野生化しててもいいから、生きていてほしい。

そう、思わずにはいられない。


こうやってまた書くだけで想いがこみあげてきてしまったりします。

預かっていてくれたご近所さんのお店の前を通る度に、未だあの惨状を思い出してしまってまだ少しこみあげてしまったり。





あずきだけでも戻ってきてくれたことはすごい嬉しい。

嬉しいけれど、やっぱり償えない想いともう会えないっていう喪失感は抜け切れません。





今は、ある程度気持ちも落ち着いて、整理もできたので。


もし生きているのなら、その飼い主さんや、その環境で幸せになってほしい。
逆にもうこの世にはいないというのなら、息絶える間際は苦しかったかもしれないけれど、安らかに眠ってほしい。

そう思えるようになりました。


あとは、時が解決してくれるのを待とうと思います。

長々と失礼しました(´・ω・`)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ekoko.blog28.fc2.com/tb.php/232-687ace52

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

The creatress?

えこ

Author:えこ

全自動悲しみ製造機(ノ∇`)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。